デザインよりも安全性で地震に強い家造り

マイホームを建てる時に、何が一番心配かというと、やはり地震だと思うのです。ニュースなどで大きな地震が起きる度に不安になってしまいます。
マイホームを建てる時には、まずは形を見直してみましょう。家の形によっては、地震に強い家、または弱い家があります。おしゃれな家を意識するよりも、まずは地震に強い家を造る事で家族の安全を確保しましょう。
まずは外観ですが、木造住宅でも鉄筋コンクリートの住宅でも気を付けるのは、どれだけシンプルな形を心がけるかという事です。
例えば車をお持ちの家でよく見られるのが、ビルトインガレージですよね。一階の部分にガレージスペースとして空けてありますので、確かに狭いスペースの土地でも楽々車を置けますし、見た目的にもとてもおしゃれです。
ですが、形が不安定になりやすいという欠点があり、 地震に対しては強度が弱いといえます。
家を建てる時に大切なのは、機能性やデザイン性に重点を置くよりも、地震が起きた時にどれだけ耐えられるのかを考える事が大切です。確かに、地震はいつ起きるのか分からないものです。ですが、「いつか」の為の準備をしておく事はとても大切な事です。
自分と家族の安全が何よりも大切だという事を忘れないでください。

三重で平屋の新築一戸建てを建てるなら

将来も考えてプランを考えましょう

マイホームを建てる時には、まずはどんな間取りが良いのか、しっかりプランを建てる事が大切です。ただ、部屋数や収納の数だけを考えるのではなく、家族が普段からどんな生活をしているのか、どんな風に間取りを配置したら家族全員が笑顔で暮らす事が出来るのか考える必要があるのです。
例えば、帰りが遅い家族の為に寝室やお風呂は玄関の側に配置したり、将来の事を考えて、いつでもハリアフリーにリフォーム出来るように間取りを考えておくのも良いと思います。
もちろん、自分の理想だけを並べても良いプランかどうかは分かりません。まずは自分がどんな間取りや収納をしようと考えているのかを工務店やハウスメーカーの人に相談しましょう。やはりプロでしか分からないという事も一杯あるのです。例えば、お風呂などの水回りに一番向いている場所や、床下収納の位置など、細やかな所にもプロの違憲は必要です。
後で後悔しない為にも、マイホームのプランは納得がいくまで見直す必要があります。その時に大切なのは、将来の事も視野に入れているかどうかという事です。今はお子さんが小さくても、将来は大きくなりますし、家族が増える可能性もあります。そういった事も充分視野に入れて考えましょう。

三重で和モダンの新築一戸建てを建てるなら

新築一戸建ては住みやすいことが一番

家を建てる時に、思うこととして素敵な家がいいと思いますね。外見的に素敵な家がいい、素敵な家を見るとこんな家を建てたい、洋風な天井が高い家がいいと感じます。そして新築一戸建てを建てる時に、そんなふうな理想の家を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

ところが住んでみると、ちょっと暮らしにくいと思うことも。自宅では、ホッとできるそんな環境がいいですね。そのことをおもうと、新築一戸建ては住みやすい暮らしやすい家が一番なのです。

まず天井が高いと、そのことで気分が良いと感じます。ところが寒いということがあります。寒いので、その分光熱費もかかってしまいます。維持費が膨らんでしまい、やっぱり後悔してしまったと思うことも。そのため、見た目を重視するとそんなこともあるので要注意です。

その点、暮らしやすいということを重視した家にすると、その先にとても快適に過ごすことができます。まずなんといっても、夏に涼しく冬に暖かい家が一番です。若いときには、そんなことを考えないかもしれません。ところがたちまち、歳をとってしまうとそのことがたまらなくなるのです。見た目よりも、やっぱり暮らしやすい家のほうがいいと、そんな気持ちが強くなります。

志摩で漆喰の二世帯住宅を建てるなら

新築時には和モダンの部屋を一部屋は造っておきたいものです

注文住宅で新築の住宅を造る時、最近では全てフローリングの洋間にされる方が居られます。新築時の年齢では、その方が生活スタイルに合うと考える方が多いのが、その理由でしょう。
しかし、住居は長く住むもので、高齢になった時の事を考えれば、和モダンの畳の部屋を1部屋は設けておかれることをお勧めします。
もちろん、必要になった時に洋間に置き畳を設置するという方法もありますが、洋間では床の間もなく、和室とは言えないのです。
日本人には、長年畳に慣れ親しんだDNAが刻み込まれている様で、歳を取ると、無性に和室が懐かしく感じられるものです。
昔ながらの和室ではなく、和モダンで洋間中心の住宅にフィットした和室を設けて置く事がお勧めです。
ごろりと畳の上に寝転んでみたいと思う事も歳を取るとなぜだか増えて来ます。また、親が他界し仏壇を自宅に置くような必要が生じた時にも、和モダンの部屋にモダンな仏壇を置けば違和感もありません。洋間では、こうは行きません。
注文住宅の場合には、色々と考えて間取りを決めるでしょうが、その建築時の生活パターンのみでなく、歳を取ってからの嗜好や趣味の変化等も十分に考えておくことが必要です。
和モダンの部屋を1部屋設けて置く事も、その知恵の1つと言えるのです。

志摩で自由設計の家づくりなら

断熱性能の高い住宅の薪ストーブ

断熱性能・気密性能の高い一戸建て住宅は、光熱費等のランニングコストが通常の住宅に比べてかからないという傾向があります。住宅内で消費するエネルギー量が少なくて済むからです。特に、冷房・暖房に必要なエネルギーの削減となります。
薪ストーブは、薪を燃焼させて暖をとりますが、高断熱高気密住宅では十分すぎるほどの熱量を得ることが出来ます。また、燃焼させたあとも長時間の間、室内の暖かさが持続するので、通常の住宅の薪ストーブよりも薪の消費が少なくて済みます。
一度、薪を朝にくべて燃焼させ燃え尽きたあとも、真冬日であっても翌日の午前中までは暖かさが持続します。
薪ストーブの良いところは、機種にもよりますが、ストーブでの調理も可能だということです。ストーブ上部に鍋などが置けるようになっていれば、熱を利用してスープ、シチューなどの調理もできます。オーブンとして利用可能な機種では、ピザも焼けます。
薪ストーブの使用に関しての注意点は、火の取り扱いも去ることながら、電気ヒーターや石油ストーブと違って点火してもすぐに消すことが出来ないということです。頻繁に家を留守にする生活スタイルの方は、薪ストーブの導入に関しては十分検討することが必要でしょう。

明和で人気の平屋を建てるなら

マイホームプランは即ち人生プランと一緒!?

マイホームプランは言ってみれば、人生プランと一緒だと言えるでしょう。だって、賃貸物件から持ち家、一戸建てマイホームを建てるのですから。どこぞの富豪でない限り、みなさん慎重に家づくりを行いますよ。1円たりともお金は損したくはないわけですから。

ですから、ある程度家族構成が決まってからマイホームプランを考え始める人も多いでしょう。そしてまた、マイホーム自体がとてもとても高い買い物になるわけですからね。なので、住宅ローンのことも頭に入れなければなりません。

そして住宅ローンを組むのならばもちろん完済までの期間を決めなければならないわけです。つまり、ゴールを決めなくてはならないわけです。そうなりますと、ゴール地点から逆算して、住宅ローンの契約をする年が決まってくるというわけです。マイホームを建てるにあたっては、マイホーム自体のプランに住宅ローンのプランも組み込まなくてはならないと言えるでしょう。

ですから言ってみればもう、マイホームプランは人生そのもののプランだとも言えるでしょうか。家づくり自体が、家族の生活パターンから家族構成から全てを考慮して考えていくものですからね。ですからマイホームは言ってみれば、人生そのものだとも言えるでしょうか。

もちろん、子供の巣立ちのことも考慮して家づくりをしていく必要はありますけれど。子供達が家を出た後の部屋をどうするかということも考えていかなくてはならないわけです。ですからもう、マイホームプランは即ち人生プランと一緒だと言えるのです。

志摩で人気の平屋を建てるなら

家の床は自然素材は要注意でした

新築を建てる時に、誰もが憧れることとして自然素材の家があります。自然素材の家はなんといっても、とても感じがいいということです。そのことについては、とても満足しています。
しかし、ひとつだけどうしてもこれはまずかったと思うことがありました。それは、自然素材の家の床についてです。そのことに気づいたのは、新築を建ててしばらくしてからだったのです。きっかけは、床にジュースを落としてしまったことです。子供が小さいので、よく色々な水ものをまいてしまうのです。
その結果、床が変色してしまいました。その部分だけ色が違うところもあります。そのため、ほかの住宅にいった時にそんなことがないのでその点は失敗だったと思うようになりました。
自然素材は、とても体にもいいし自然の中で暮らしているというメリットを感じます。ところが、床だけは失敗と思っています。そしてフローリングにしようと思っているところです。子供が大きくなったらリフォームします。

志摩で自然素材の平屋を建てるなら

二世帯住宅を注文住宅で建てるなら

高齢化社会の今、二世帯住宅の注文住宅は当然増えています。
そこで、二世帯住宅を注文住宅で建てる場合のポイントをご紹介しましょう。

まずは、玄関は2つにするということです。
二世帯住宅ということで、2つの異なる世帯が一緒になります。
血縁関係はあっても、そこには別々の家族のスタイルがあります。

親世代になると、退職もしているので、夜が早いのに、若い夫婦たちの世代はまだまだバリバリ働く世代で帰りが夜中になり、その時の物音が老夫婦には響くことになります。
そんなことが内容に、玄関は2つにするのがおすすめです。

さらに、各家族でそれぞれのリズムがありますから、キッチン、洗濯場やお風呂などはお互いのスペースにそれぞれ作った方が問題が起きにくいですし、ストレスもたまりにくいです。

また、注文住宅ならではとして、お互いの共同スペースを作るかどうかも考えましょう。
2家族が一緒に過ごせるようなリビング、それもふすま1つで仕切れるようにしたりと、都合のよい二世帯住宅を作ることが注文住宅ではできます。

伊勢で和モダンの健康住宅を建てるなら

二世帯住宅を注文住宅で建てる際のプラン建て

注文住宅で二世帯住宅を建てようという場合、お互いの家族の意見を存分に反映刺させることができること、それが、注文住宅のメリットでしょう。

まず、どんなものにしたいかということを、二家族で一緒にモデルルームなどに身にって見ましょう。
今は、二世帯住宅専用のモデルルームも時代の流れに合わせて有りますし、そこで、あなたに色々なオプションを与えてくれます。

他にも、ある程度の二世帯住宅のコンセプトがあるのであれば、それぞ題材とした注文住宅プランが、それぞれの業者のホームページで用意されています。
ですので、それを除いてみて、大体の間取り、それに、空間状況をそれで読み取り、頭の中、もしくは、あなたのノートにインプット、デザインしてみましょう。

そうすることで、あなたの理想的な二世帯住宅が出来上がりますし、二世帯住宅を注文住宅にする際に、どんなポイントに気を遣うべきなのかということもわかるので、こういったものをチェックして、自分の考えをまとめましょう。

伊勢市の注文住宅なら

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !