新築時には和モダンの部屋を一部屋は造っておきたいものです

注文住宅で新築の住宅を造る時、最近では全てフローリングの洋間にされる方が居られます。新築時の年齢では、その方が生活スタイルに合うと考える方が多いのが、その理由でしょう。
しかし、住居は長く住むもので、高齢になった時の事を考えれば、和モダンの畳の部屋を1部屋は設けておかれることをお勧めします。
もちろん、必要になった時に洋間に置き畳を設置するという方法もありますが、洋間では床の間もなく、和室とは言えないのです。
日本人には、長年畳に慣れ親しんだDNAが刻み込まれている様で、歳を取ると、無性に和室が懐かしく感じられるものです。
昔ながらの和室ではなく、和モダンで洋間中心の住宅にフィットした和室を設けて置く事がお勧めです。
ごろりと畳の上に寝転んでみたいと思う事も歳を取るとなぜだか増えて来ます。また、親が他界し仏壇を自宅に置くような必要が生じた時にも、和モダンの部屋にモダンな仏壇を置けば違和感もありません。洋間では、こうは行きません。
注文住宅の場合には、色々と考えて間取りを決めるでしょうが、その建築時の生活パターンのみでなく、歳を取ってからの嗜好や趣味の変化等も十分に考えておくことが必要です。
和モダンの部屋を1部屋設けて置く事も、その知恵の1つと言えるのです。

志摩で自由設計の家づくりなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です