デザインよりも安全性で地震に強い家造り

マイホームを建てる時に、何が一番心配かというと、やはり地震だと思うのです。ニュースなどで大きな地震が起きる度に不安になってしまいます。
マイホームを建てる時には、まずは形を見直してみましょう。家の形によっては、地震に強い家、または弱い家があります。おしゃれな家を意識するよりも、まずは地震に強い家を造る事で家族の安全を確保しましょう。
まずは外観ですが、木造住宅でも鉄筋コンクリートの住宅でも気を付けるのは、どれだけシンプルな形を心がけるかという事です。
例えば車をお持ちの家でよく見られるのが、ビルトインガレージですよね。一階の部分にガレージスペースとして空けてありますので、確かに狭いスペースの土地でも楽々車を置けますし、見た目的にもとてもおしゃれです。
ですが、形が不安定になりやすいという欠点があり、 地震に対しては強度が弱いといえます。
家を建てる時に大切なのは、機能性やデザイン性に重点を置くよりも、地震が起きた時にどれだけ耐えられるのかを考える事が大切です。確かに、地震はいつ起きるのか分からないものです。ですが、「いつか」の為の準備をしておく事はとても大切な事です。
自分と家族の安全が何よりも大切だという事を忘れないでください。

三重で平屋の新築一戸建てを建てるなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です