地震に強い壁にして強度を上げました

家は注文住宅にしたのですが、設計段階から建築会社の方が話を密にしてくれました。インテリアや間取りの話の前に建物の骨組みの話から始まりました。
地震に強い家にしたかったので、土台、柱、壁にも地震の対策をしている建築会社さんにしていました。
なので地震に強い設計をして提案してきてくれました。
この会社は壁に地震がきたときに衝撃を吸収してくれるダンパーを採用していて、うちも家の壁にいくつもダンパーをいれました。これが結構お金がかかりましたが、
地震に強い家にしたかったので、ここはお金をかけることにしました。
ということでインテリアや床材は思っていたものよりもランクを下げて節約することになりましたが、安全のほうが大切なので不安がないくらい耐震強度を上げてもらいました。
また柱も多めに入れてもらい、1階から2階にまっすぐな太い柱をいれることで自信にかなり強い家になりました。
大きいな地震があっても残っていた家の中に、この会社の家もあったとい話をきいて、私たちの住んでいる地域にも、震度6、7くらい大きな地震が来ても、なんとか持ちこたえられる家を目指すことにしました。
このダンパーも入れる位置には工夫してもらい、どうしても壁に入れられない場合、床に何か所か入れてもらいました。
壁に電気などを組み込みたい場合、やはりダンパーを入れるのは難しいので。
床にも壁にも柱にも地震に強い要素を入れることで安心して住める家にしました。

伊勢の工務店で二世帯住宅を建てるなら